値動きが大きいので指値で稼ぐ事も可能な仮想通貨

仮想通貨は、かなりお金を大きく動かすことができます。それだけに、やり方次第で大きな利益を得る事も可能です。不測の動きに備えて、指値注文を入れておくやり方もあります。上手く活用すれば、思わぬ利益を得る事も可能です。

急激にレートが動くことがある仮想通貨

仮想通貨は、値動きの幅が比較的大きいです。他の投資商品よりはレバレッジは低めですが、レートがかなり大きく動きますから、かなりのお金を動かす事も可能です。
例えばある時の仮想通貨のレートは、100万円前後だとします。しばらくその数字で推移しているものの、突然にレートが80万円台を記録する事もたまにあるのです。実に20%ぐらいはレートが動いた事になります。
他の投資商品では、それぐらいレートが動くケースはほとんどありません。例えばFXの場合、レートが20%動く事はほとんど無いと考えて良いでしょう。ある時のドルのレートが110円だとすると、突然に98円台になるケースは殆どありません。
不動産投資も同様です。不動産価格が20%も急激に動くケースは、ほぼあり得ません。

指値を活用して短期で大きく稼ぐ

上記のような動きの傾向を踏まえて、仮想通貨で指値を入れてみるのは有効です。80万円に下がることもある訳ですから、その値段で指値を入れてみると良いでしょう。運良くそのレートを記録してくれれば、かなり安く通貨を買えた事になります。
しかも仮想通貨の場合、一旦は急激に動いたとしても、すぐに元に戻りやすい性質があります。ほんの僅かな時間だけ80万円を記録したと思ったら、すぐに100万円台に戻ってくれる事も多々あるのです。
ですから上手く活用すれば、短期的に大きな利益を稼ぐ事もできます。FXでは、それは少々困難です。20%も一気に動く確率は極めて低いからです。

短期で大きな損失が生じるケースもある

ただし、もちろん逆もあり得ます。短期間で大きな利益が生じるという事は、損失もあり得るのです。短期間で資金が大きく減るケースもたまにあるのは、注意を要するでしょう。投資商品である以上は、リスクはあります。
ただリスク対策を施しておけば、特に問題ないという声も多いです。レバレッジなどの基本的な仕組みをしっかり理解して、リスク対策を考えておけば、損失が生じるのを回避する事もできます。それを考慮して、リスク対策を勉強している方も少なくありません。
いずれにせよ短期で大きく稼げる可能性があるのは、仮想通貨の大きな魅力の1つです。値動きが大きいだけに、この通貨での取引を検討している方も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です