仮想通貨の取引をすること

仮想通貨での取引をする前に、基本的に仮想通貨とは一体どのようなものであるのかなというものを理解しておきましょう。
ビットコインというのが仮想通貨では最も有名であり、最も多くのシェアをとっていると言えます。ですから仮想通貨というのはそれなりに設計思想が違ったりということはあるのですが、基本的にビットコインの構造を知っておくことが重要でしょう。
このビットコインというのまず、貨幣単位としてはBTCという言葉を使うことになっています。発行上限が2100万BTCとなっています。そして自動プログラムによって発行されているということになりますので発行元というのが基本的にいないわけで計算上はビットコインは2140年までに2100万のコインが発行されることになっています。発光量が決まっているわけですが約4年ごとに半減させながら発行していくためインフレが起きないようにということが構造的に認められています。
価値が下がりにくいというのは投資をする上ではとてもありがたいことです。仮想通貨の投資において、とても大事になるのが価値が上がることです。
つまりは仮想通貨投資というのは値が上がることを予想して購入するということになります。
これが第一の原則ではあるのですが、当然株式取引のように空売りができないわけではないので値が下がる事が予想されているのであれば、それを空売りするということで利益を出すと言うんや取引できるようになっています。
仮想通貨はこれからますます普及する可能性はあります。少なくとも一切認められないというようなことはないくらいには今現在少し普及してきているものではあります。
電子決済などがこれからますます増えていくということは間違いないので仮想通貨などもその決済の一つに入るというような可能性はあります。
需要が高くなれば、それだけ仮想通貨価値が上がるということになります。
ですから、今現在、様々な仮想通貨は既に結構な価格まで価値が上がっているといえるのですが、それでも今後もそれなりの価値の上昇が見込めることでしょう。
或は下がることを予想して空売りをすることもよいでしょう。どちらにせよ、仮想通貨は持っていることによって、配当などがでるわけではありませんから、売買をして利益を得ることがまずは目的になります。
それは騰がる、下がる、ということを予測するということにはなるわけですが、この二つのことにアプローチするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です